脱毛の知識

サロンへ行かず家庭用脱毛器で自分で脱毛するという方法も

家庭用脱毛器「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」


家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛器が大半の中、トリアはレーザー脱毛器ですから時間はかかりますが、永久脱毛に近い満足感を得られます。


脱毛を短期間で完了させたいという人には向いていませんが、何度もサロンやクリニックに通うのは無理、時間を拘束されるのがイヤ、計画が立てられない、お金がないなどの理由から自己処理したい方には向いています。


なんと言ってもレーザー脱毛ができるのが最大の特徴。家庭用脱毛器ではフラッシュ式脱毛器がその大半を占めているにもかかわらず、トリアのレーザー脱毛器が売れているのはやはり脱毛の威力と脱毛の効果です。


フラッシュ式は痛くないのが特徴、レーザーは痛くても脱毛効果が高いのが特徴。ということになります。どちらを取るかは個人の考え方次第ということですね。


家庭用脱毛器「ケノン」


家庭用脱毛器で人気ナンバー1なのが「ケノン」です。ケノンはフラッシュ脱毛器ですから、レーザー式に比べると痛みを感じません。痛いのが苦手という方はフラッシュ式脱毛器がおすすめです。


ケノンの脱毛器は照射面積3.7×2.5?と広いため、少ない回数の照射で済みます。カートリッジの交換ができるので、家族でシェアできるのも便利です。中にはカートリッジの交換ができない脱毛器があります。これは使い捨て脱毛器だということですから、購入時にはよく確認してください。


家庭用脱毛器はセルフですから、狭い範囲を地道に脱毛するには限界があります。ケノンのように広範囲の脱毛ができるなら、少々期間はかかっても気が向いた時に自宅でできるフラッシュ式の脱毛器がいいかもしれません。


サロンなどでは2ヶ月おきに通うなど計画をたてなければいけませんが、自宅で脱毛する場合は生えてきたら脱毛するというやり方になるので、案外短期間で完了できるのです。そういった場合、家庭用脱毛器としてはケノンが一番使いやすいのではないでしょうか。


家庭用脱毛器「レイボーテスピーディ」


シェーバーとフラッシュを兼ね備えた脱毛器がヤーマンの「レイボーテスピーディ」です。全身わずか約6分半と、シリーズ最速の連射でムダ毛を処理します。


通常の家庭用脱毛器を使う時は毛を剃ってからフラッシュを照射して脱毛をするという2ステップで行っていましたが、レイボーテスピーディはシェーバーを使っている感覚で肌の上をスーと滑らせるだけで2ステップができてしまいます。


ようするに、剃りながらフラッシュ照射ができるということ。時間の短縮になる家庭用脱毛器はこの「レイボーテスピーディ」だけです。しかもレイボーテスピーディは、1ショット最短0.75秒の連射機能を搭載しています。ですから個人差はありますが、両ワキならたった12秒で完了してしまいます。


しかも「レイボーテスピーディ」でしようしている特殊な光は、美肌効果も期待できる波長を含んでいますから、ムダ毛を処理しつつ美肌ケアまでできるすぐれものなんです。


ビキニエリア用アタッチメントつきですからデリケートゾーンのお手入れも自宅でできます。別売りのクールアタッチメントを装着すれば、面倒な保冷剤や冷却ジェルの用意は必要ありません。お値段も39,000円とお手頃です。