脱毛の知識

脱毛サロンで脱毛することができない場合もある?

一般的に成人している人の場合はその多くが脱毛サロンでの専門的な施術を受けられますが、特定の条件に該当してしまうと施術を受けられないケースも存在しているため、十分に注意しておくべきといえます。


大まかに分類すると、物理的に脱毛が不可能な人と時間経過などで状況が改善される人に分けられ、症状の度合いに応じて施術可能かどうかは変動する傾向にあり、自身の状態を把握しておくことが大切です。


まず、何らかの肌トラブルを引き起こしていたり日焼け肌の状態に該当する際は、脱毛技術の特性により副作用の大きく出るリスクが想定されることから、原則として症状が治まるまでは施術を受けられません。


これは、アトピーなどのアレルギー反応を始めとして極度の肌荒れや乾燥・吹き出物が該当し、照射する光エネルギーの影響で症状を悪化させる恐れが考えられるので、炎症が引くまでの期間は脱毛できない可能性が高くなります。


日焼け肌は光脱毛のメカニズムが主に関係しており、照射した光エネルギーは毛根だけに限らずメラニン色素の濃い部分へ対して熱として吸収される仕組みであるため、結果として日焼けの箇所を直接加熱し、やけどに近い状態を起こしやすい理由から施術を行えません。


また、アルコール中毒やてんかん・糖尿病といった疾患を持っている人、及び特定の薬を使用している患者の場合も脱毛を受けられないことがほとんどであるほか、妊娠中の一部期間にも警戒が必要で、事前に施術を受けられるかを詳しく検査しておき安全な状態のみ施術を行う対策が求められます。


サロンではカウンセリングなど様々なトラブルの予防対策を取り入れていますが、必要に応じて医師の診断を受ける選択も重要となり、安全を確保するために不可欠な要素とされます。常用している薬に関しては種類が問題となるので、サロン側で用意している専用の薬リストに該当するものがなければ問題なしと判断され、脱毛の施術を受けられる例もあります。