Vライン脱毛の基礎知識

アンダーヘアのセルフケア

Vラインを含む、アンダーヘアの処理ってみんなどうしているんだろう??って思いませんか?
デリケートな部分ですから、あまり話すこともないですし、見せ合うこともないですよね・・・ 情報は雑誌やネットから得るのが一番確実で手っ取り早いです。


ワキのムダ毛処理はほとんどの人が常識を捉えていますが、ちょっと前までは、日本ではアンダーヘアに関しては処理していない人が多かったようです。
アンダーヘアを処理するのが普通って、正直私も知らなかったです(・_・;)


今では若い人を中心に、処理することはごくごく当たり前のことなんです。
ですから、処理していない人は、少なくて処理する必要がない人や、見られることもないからと、諦めてしまった人くらいではないでしょうか??


では、みんな自分でどんな方法で処理しているんでしょう??


一番多いのは、入浴時にカミソリで処理したり下着からはみ出した部分を毛抜きで抜くなどの方法で処理している人が圧倒的に多いようです。


他には、ワックスや除毛クリームを使って処理する方法もありますが、どの方法もリスクがあります。


剃る!

まずは、カミソリ
手軽に使え、その場しのぎの処理であれば一番簡単かつ確実に処理ができます。
カミソリのデメリットは傷つけてしまう可能性があること。


少しでも失敗してしまうと、流血騒ぎです!
しかも、場所が場所なので怪我をしないように気をつけて処理しないとなりません。
特に、Iライン(股の付け根から性器周辺)Oライン(肛門周り)は、自分では見づらく処理しにくいので危険度は増します。


もう1つのデメリットは、生えてくるのが早いこと処理してもすぐに生えてくると、頻繁に行ってしまいがちです。
Vラインなどは、自己処理をし過ぎると黒ずみになりやすい部分ですので、やり過ぎもよくありません。


抜く!

次に、毛抜きやワックス

毛抜きを使う人はカミソリの次くらいに多いのでは??
1本1本毛根から引っこ抜くので、生えてくるスピードはゆっくりですが、抜くときには痛みが生じます。


慣れてくると、そんなでもなくなりますが、アンダーヘアも髪の毛並みに、しっかりとした毛なのでやっぱり痛いです・・・
1本1本確実に処理できるので、形も整えやすいですが、埋没毛や毛のう炎(毛穴が化膿する)などのトラブルを起こしやすい方法でもあるので、あまりオススメできません。


ワックスは、毛抜きよりも痛みが大きいです。

1本1本ではなく、ある程度の範囲を一気に抜くので、半端ない痛みのような気がします。
ワックスも毛根から抜いてしまうので、生えてくるスピードはゆっくりですので、処理の間隔はあけることができます。


除去する

除毛クリーム
簡単でキレイに処理できる除毛クリーム。
長期間効果が持続できるのがポイントです☆


クリームを塗って拭くだけで綺麗に処理できるので楽チンですが、肌への刺激は強いです。
ヒリヒリしたりすることもあるようですし、傷があったりすると使えませんし、Vゾーンには使えますが、デリケートなI・Oラインには不向きです。


敏感肌でも使えるものや、デリケートゾーン用の除毛クリームもありますので、
なるべく肌にやさしいものを使うことをオススメします。


カットする

あとは、ハサミでカットする方法
髪の毛とは違い、放おっておいても伸び続けるわけではありません。
ある程度の長さ(平均して、男性で4-5cm、女性で3-4cm)になったら伸びなくなります。


しかし、伸ばしっぱなしのままでいると・・・下着からはみ出してしまうこともあります。


実際、温泉に行った時に脱衣所で目の前にいた人が、下着から毛がはみ出しているのを見かけたことがありますが、かなりひいちゃいました(笑)
せめて、長さだけでもカットしておくことはしたほうがいいと思います。


カットすると、毛の断面が尖ってしまうので下着からチクチク出てくる・・・
それも見た目的にもよくないですし、ふとした拍子に触れた時、痒みも生じます。
パートナーと接触するときにも、気になりますしね・・・


ハサミではなく、ヒートカッター(熱で毛をカットする)を使うと、毛の先は丸くカットされるのでチクチクは解消されます。


処理するタイミングは、生えてきたら定期的に という人もいますし、水着になる時・温泉など裸を人に見られる機会があるときに処理をしているみたいです。



関連記事

アンダーヘア脱毛の必要性

VIOライン脱毛のメリット・デメリット