Vライン脱毛の基礎知識

デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンのケアと言われても、お風呂で洗うとかムダ毛を処理するセルフケアくらいしか思いつきません。


実は最近、デリケートゾーンケアって密かに流行っているんだそうです!!!*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)


デリケートゾーン専用ソープを始め、アンダーヘア用トリートメント・アンダー専用パック・ローション・美白ジェル・専用ウェットシートまであることに驚きです。


デリケートゾーンは全身の中で、最も皮膚が薄く粘膜も多く、かゆみやムレ・においなどトラブルも多いです。
特に女性は生理の時、ナプキンを使っているので通常の時よりも通気性が悪いのでムレますし、経血やナプキンの摩擦などで痒みも起こしやすくなります。


そして、 常に下着で覆われているので通気性も悪く、雑菌も繁殖しやすい場所でもあります。
生理時には、経血のにおいがしますし通常のときでもある程度のにおいは誰にでもあります。
においの原因は尿・汗・垢・経血。最大の原因は雑菌です。


雑菌は、おりものや経血に含まれる、タンパク質が栄養源。
放っておくと、どんどん増殖し匂いの発生源になっていきます。
また、デリケートゾーンには、脇と同様のアポクリン腺という汗腺があり、雑菌の大好物、脂肪・アンモニアが分泌されます。
汗とおりもの・経血が雑菌繁殖=においの原因になっています。


女性は、デリケートゾーンの痒み・ムレ・においを悩んでいることが多く、デリケートゾーンケアに励む女性が増えてきているのです。


1番使われているケア用品はデリケートゾーン専用ソープです☆


生理時なので敏感になっているときに、ボディソープや石鹸で洗うと、しみる・ヒリヒリするなど痛みを経験した人は多いと思います。
ワタシも経験がありますが、ホントにヒリヒリしてどうしたらいいのか?と思いました。


デリケートゾーン専用ソープは、デリケートゾーンの肌に合わせた弱酸性でお肌にやさしい成分からできたものが多く、きれいに汚れを落とすことができ、ニオイ・保湿対策にもなるのでオススメです。


ケア用品で、ワタシも使った事があるのは専用ソープくらいですが、ボディソープとの使い分けって必要だと思います。

顔も洗顔ソープですよね。
やはり、場所に応じたものを使い分けることってちゃんと意味があるんですね


実は知らないことが多い!?? 正しいデリケートゾーンの洗い方


デリケートゾーンは優しく洗うのが基本です。
ボディソープや石鹸を直接つけてあらうのではなく、洗顔の時のように泡立てて泡で優しく洗っていきます。
おすすめは、デリケートゾーン専用ソープです(*^_^*)


洗う順番は、まずVゾーン。
毛の根元をマッサージするように洗い、最後に毛の流れに逆らって引っ張り抜ける毛は抜いてしまいましょう!!!


Σ(Д゚;/)/...エエ!?


驚くかもしれませんが、生え変わりで抜けていく毛は抜いてしまったほうがいいんです。
下着に抜けた毛がついているほうがはずかしいです・・・


次に、陰核→性器部分→会陰→肛門というように前から順に洗いましょう。
大陰唇と小陰唇の間の溝は、恥垢(おりものの分泌物・尿など)が溜まりやすいです。
指の腹を使ってしっかりと洗い、最後にシャワーで石鹸が残っていないように、キレイに洗い流しましょう。


しっかりと汚れを落とすのは大事ですが、膣内は指を入れたりして洗う必要はありません。
膣内は、常にPH4程度の弱酸性に保たれていて、雑菌の侵入や繁殖を防いでいます。(自浄作用)膣の中まで洗ってしまうと、自浄作用が低下し膣炎などの病気も引き起こしかねません。
洗いすぎもトラブルの原因になることも覚えておくといいでしょう。


陰毛が長く量も多いと、雑菌も繁殖しやすくなります。
洗うことだけでなく定期的なアンダーヘアの処理も大事ですね。


種類豊富なデリケートゾーンのケア用品


他にも、デリケートゾーンのケア用品はいっぱいあります。


アンダーヘア用トリートメント・・・ゴワゴワした硬い毛が、トリートメント効果で柔らかな質感になり、下着からチクチクはみ出す毛にも効果的です。
使い方も、髪の毛のトリートメント同様、洗ったあと水気をとりアンダーヘア全体になじませ、あとは洗い流すだけ。


アンダー専用パック・・・デリケートゾーン専用のパックには、洗い流すタイプとシートタイプがあります。
洗い流すタイプパックでおりものなどのニオイの元や汚れを洗い流すのが目的。顔パックでいうと、皮脂汚れなどをとるタイプのパックと一緒ですね。


シートタイプは、保湿を目的としたパックで、PHバランスも考慮されデリケートゾーンにも対応した美容液を含むシートをVゾーンにのせておくと、保湿さらには黒ずみができていた部分にも美白効果があります。
また、臭い対策ができるものもあるようです。


ローション・・・処理後や入浴後のお手入れとして、保湿のために使います。
デリケートゾーンだけでなくボディ全体にも使えるので、ボディローションとして使っている人もいます。


美白ジェル・・・デリケートゾーン専用の美白美容ジェルがあることに驚きです!!
ムダ毛処理でできてしまった黒ずみや、下着との摩擦や生理時の炎症からの色素沈着などで黒くなってしまった大陰唇や小陰唇にも効果があるとか。
乳首の黒ずみにも使えるすぐれもの☆


これだけケアすれば、愛されボディ間違いなしですね!!


関連記事

アンダーヘアのセルフケア

アンダーヘア脱毛の必要性


←前の記事アンダーヘアのセルフケア