Vライン脱毛の基礎知識

デリケートゾーンの脱毛はやっぱり恥ずかしい・・・

VIOライン脱毛って女性ならしておきたい!!思いますが、脇や腕・足ほどVIO脱毛をしている人が少ない理由はやっぱり施術時の恥ずかしさ・・・


銭湯や温泉で人に見られるレベルではありません。
施術をするので、ガン見されるのでは・・・??と不安です。
特定の異性(パートナー)に見られるのとも、わけが違います。


女性同士でも、友達と見せ合ったりすることもない部分ですから、施術のプロとはいえ、恥ずかしいのは当たり前です。


産婦人科に通った経験のある人はわかると思いますが、産婦人科での診察も恥ずかしいこと極まりないです・・・


初めて診察台に上がった時は、


えっっ!!?Σ(゚∀゚ノ)ノ


そんな全開まで足開くのか!!?
と驚きました。


診察されるまでの間と、診察中丸見え状態ですから恥ずかしくてたまりません・・・


でも、お医者さんも看護師さんも、いつもの光景という感じで何にも抵抗を感じていないような振る舞い。
通ううちに、慣れてくるとはいえやっぱり恥ずかしいです。


病院の場合は治療のために通いますが、脱毛となると自己処理で我慢できるなら・・・と思っている人は世の中にたくさんいると思います。


私もVIOラインの脱毛に興味もあるし、やってみたいと思っていますが なかなか勇気が出ません・・・


脱毛スタッフもプロですし、変な言い方ですが見慣れてると思います。
だから、気にしないのはわかっているけど、何かきっかけでもない限り始められないひとも多いのでしょう。


アンダーヘア脱毛 実はそんなに恥ずかしくない!?

実際、どんなふうに施術するのかな??と思って調べてみると、


あれれ???


ワタシの想像とは違っていました(笑)


勝手に丸見えの状態で施術すると思い込んでいたのですが、
サロンなどで紙のパンツを用意してくれて、施術中はそれを履いて少しずつずらしながら施術するんだと・・・


てっきり、産婦人科のように丸見え全開かと思ってました・・・(;´∀`)


それなら、あんまり恥ずかしくないのでは?と思えてきました。
IラインやOラインはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、Vラインくらいならできそうかな(*^^*)


スタッフも、お客さんのソコをイチイチ見ている暇もないらしいし、
打ち漏れなどないよう施術をすることに集中しているので、何も感じないとのこと。


あまり気にせずに、通っている人はみんな同じなんだから。と気楽に思うことが大事なんですね。



関連記事

アンダーヘア脱毛の必要性

VIOラインの脱毛方法

VIOライン脱毛のメリット・デメリット


←前の記事VIOラインの脱毛方法