Vライン脱毛の基礎知識

VIOラインの脱毛方法

VIOラインの脱毛の種類や方法は、他の部位同様イロイロとあります。


エステや医療機関(クリニック)・脱毛サロンなどで行っている代表的な方法は4種類あります。
ニードル(針)脱毛・光脱毛・レーザー脱毛・ハイパースキン脱毛です。


ニードル脱毛は、毛穴1つ1つに針を刺しそこに電流を流して毛根を破壊して生えなくする方法なので、時間もかかり痛みも一番強く感じます。
しかし、1つ1つ確実に破壊していくので永久性は最も高い方法とも言えます。


光脱毛は、エステが主流としている方法。
毛根に反応(黒色に反応)する特殊な光で毛根を破壊し、毛周期に合わせて繰り返し当てていく脱毛方法
ニードル脱毛ほどの痛みはないですが、VIOラインの毛は太く毛根もしっかりしていて狭い範囲に密集しているので、痛みを感じやすい箇所です。クーリング(冷やす)を行いながら、施術していくので痛みや熱さは感じにくいように配慮はしてくれます。


レーザー脱毛医療機関でのみ行うことができる方法で光脱毛とほぼ同じ仕組みで脱毛していきます。


違いは波長と出力の強さです。光脱毛より波長が長く、表皮にダメージを与えにくいので高い出力で施術でき、火傷などのトラブルも少なく永久性の高い脱毛法です。


光脱毛よりも痛みを感じやすいといいますが、医療機関ですので痛みに弱い人は、麻酔で痛みを和らげるなどの対処をしてくれるので安心して受けられます。
脱毛時の痛みに関する記事はコチラ→VIOライン脱毛は痛い??


ハイパースキン脱毛は最近人気の脱毛方法で、従来の脱毛方法とは仕組みが全く違います。
ハイパースキン法は毛周期の中の休止期にあらる期間の毛根に特殊な光でダメージを与え、発毛因子を減少させ、発毛すること自体を抑える方法なのです。ですから、高熱を発するほどのエネルギーも必要無いため、痛みややけどなどのリスクも全くない無痛の脱毛方法なのです。
痛みを感じやすいデリケートゾーンには最適な脱毛法とも言えるでしょう。


どの方法を選択するかは、個人の考え方次第です。
金銭的に抑えたいならば、エステの光脱毛ですし、安くて永久性ももとめるならレーザー脱毛。
金額・痛みにこだわらず徹底的に脱毛したいならニードル脱毛。
痛いのは嫌・・・というならハイパースキン脱毛。

など、求めるものによって、最適な方法は変わってきます。


エステや医療機関、脱毛サロンなど店舗によっては扱っていない方法もあるので、事前に調べてから来店することを勧めます。



関連記事

VIOライン脱毛は痛い??

アンダーヘア脱毛の必要性


←前の記事アンダーヘア脱毛の必要性